会社概要

TOPページ > 会社概要

メッセージ

ジョージアワインと私

2011年の東日本大震災。当時、ジョイセフという国際協力NGOのスタッフとして、女性や乳幼児の支援に携わりました。甚大な被害を目の当たりにして、被災地に少しでも寄り添いたいと、30年勤めたNGOを退職。その頃、共同経営者を探しているジョージア人を友人に紹介され、「最高のワインで東北を応援できる」と信じ、思い切って、退職金で30ヘクタールのブドウ畑を買いました。

ワイン発祥の地=ナンバーワン。かめを地中に埋めてワインを醸造する唯一のワイン醸造法がオンリーワン。ナンバーワンとオンリーワンを併せ持つジョージアワインには必ず「ビジネスチャンス」があるはずだと確信しました。

ジョージアでのチャレンジ

私が購入した畑にはワインの醸造所がありませんでした。そこで収穫できたブドウは近隣の醸造所に運び込み、高いお金を払ってワインを醸造してもらっていました。費用がかかる上に、あまり自由も利かず、思ったように行きませんでした。

2013年の8月、収穫を目前に思い切って醸造タンクを購入することにしました。自前のタンクがなければせっかく育てたブドウも近隣の醸造所に安値で売るか、これまでのように高いお金を払って醸造してもらわなければなりません。そこで、日本で緊急キャンペーンを立ち上げて、タンク3基を購入する資金325万円を調達しました。その年に採れたブドウで醸造したのが、GRWプレミアムシリーズです。

2015年、最後の収穫を前に資金が底をつき「オジャレシ葡萄救出キャンペーン」を展開。一晩で150万円を集め、無事収穫が出来ました。日本の皆さまの応援が無ければ実ったブドウはすべて鳥たちに食べられてしまった事でしょう。ヴィンテージ2015年に作られたすべてのワインの裏ラベルにはこの時の応援に感謝するメッセージが記されています。

Binekhi Japan Series are supported by Mariko & her friends.
ビネヒジャパンシリーズは真理子と彼女の友人たちの応援によるものです。

2016年にはMakuakeというクラウドファンディングにも挑戦しました。たくさんの方々に応援頂き、このチャレンジは大成功し、250万円の資金が集まりました。貴重な資金と共に、チャレンジで繋がった大勢の方々から送られてくる応援メッセージにどれほど励まされたか言葉に尽くせません。

応援団募集中

現在、20名の方々に「ブドウ畑の年間オーナー」様としてブドウ作りからワインの醸造までご支援頂いています。「ブドウ畑の年間オーナー」についてはメールまたはお電話でお問合せ下さい。

良いブドウを作るためには四季を通じて様々な畑仕事が必要です。広大なブドウ畑の管理は簡単ではありません。何しろ自然が相手ですから、いくら努力しても報われない時もあります。良いブドウの産地では昼夜の寒暖差が大きく、収穫期の直前、8月から9月にかけて雹害に見舞われる事も多いのです。秋、歓喜の収穫を迎えられることは本当に幸せなのです。

まだまだハラハラドキドキの毎日が続くと思いますが、最高のワインを造る夢を追い続けます。私のワインなら間違いないと安心して飲んでもらえるワイン。大切な人に贈りたくなるワイン。そんなワインを応援して下さる皆様に心を込めてお届けしたいと願っています。

H&Nワインジャパン代表取締役
本間真理子

代表取締役 / 本間 真理子

復興支援について

創業間もない2012年末、経営は楽ではありませんでしたが、少しでも東北を応援出来ればと願い、岩手、宮城、福島の仮設住宅の皆さまに1200本のワインをお届けしました。現在も「Wine for Two」という活動でワインをご購入頂いた方々の応援を頂きながら復興地を応援しています。「思いを途切らせないこと」が大切と信じて、これからも可能な限り支援を続ける所存です。

会社名 H&Nワインジャパン株式会社
代表者 本間 真理子
設立年 2012年
資本金 700万円
所在地 東京都江東区大島4-4-3
電話番号 03-6326-4059
取引銀行 みずほ銀行 大島駅前出張所
  • グルジアワインのご購入
  • CAUCASUS CELLAR H&Nのワイン専門 オンラインショップ